レーザー治療・レーザー手術

渡邊動物病院 ホーム > レーザー治療・レーザー手術

渡邊動物病院のレーザー手術・治療実績

立川の渡邊動物病院が動物の治療にレーザーを取り入れたのは1985年から。まだレーザーが普及していない時代から30年以上レーザー専門治療に取り組んできたスペシャリストとしての経験とノウハウで、安全かつ的確な治療を可能にしています。機器は最先端のさまざまなレーザーを12台導入。眼科、歯科、腫瘍科、一般外科など、ほぼすべての手術や治療においてレーザーを使用しています。また、院長は日本レーザー治療学会評議員、日本レーザー医学会認定指導研究者の資格を有し、人医界との連携を取り常に最先端のレーザー治療を提供するよう努めております。
大切な家族の一員であるペットに痛みを抑えた治療を望まれる飼い主の皆様は、ぜひ当院までご連絡ください。ペットに対しても安心感を与えながら、効果的な治療についてご提案します。

レーザー手術・治療のメリット

レーザーを使うことで、切開が必要な症例に対して出血・痛みの少ない手術が行えます。眼科の緑内障手術も、レーザーを使用して安全に手術可能です。そのほか、術後の痛み・痒みの緩和や傷口の治癒促進、細胞の活性化、血行改善など、さまざまな効果が期待できます。

レーザーでどのような手術・治療ができるのか

眼科領域

・緑内障手術(毛様体凝固術、管錐術)
・逆睫毛除去(逆さまつげ)
・眼瞼腫瘤切除

口腔領域

・歯周病
・口内潰瘍
・根管治療
・口腔内腫瘍

耳鼻科領域

・外耳道炎
・耳道切除
・耳血腫

皮膚科領域

・皮膚炎
・創傷治癒促進
・腫瘤切除
・血管新生促進

整形外科・神経領域

・椎間板ヘルニア
・疼痛緩和
・骨関節炎
・神経炎
・神経麻痺
・骨折治癒促進
・脱臼

泌尿器領域

・腎炎
・膀胱炎
・膀胱腫瘍

一般外科領域

・腫瘍切除
・止血
・切開
・凝固
・蒸散
・温熱治療

特殊治療

・光線力学療法
・光免疫誘導療法
舌潰瘍への照射(術後3日目の所見)
舌潰瘍への照射(術後3日目の所見)
舌潰瘍への照射(術後3日目の所見)
脂肪腫のレーザー手術(出血は殆どありません。)
脂肪腫のレーザー手術
脂肪腫のレーザー手術
脂肪腫のレーザー手術
脂肪腫のレーザー手術
レーザー照射状況
レーザー照射状況
肥満細胞腫へのレーザー照射
鼻の上に出来た肥満細胞腫 鼻の上に出来た肥満細胞腫。
通常の手術では鼻梁全体を切除する事になります。
鼻は欠損します。
レーザー照射 腫瘍全体にレーザー光をよく吸収する色素材を塗布して、 その上に冷却用被膜素材を置き、レーザー照射をします。 
術後 術後は瘢痕が残りますが、鼻を切除せずに済みました。